片付け本を読んで、部屋は片付くものなのか?

こんまりさんの「人生がときめく片付けの魔法」を読んで実際部屋は片付いたのか?結果からいくと、そ〜でもない。のである。確かに洋服は整理出来たと思う。新しく服を買い足す時も、考えてから買うようになったこともあって、洋服に関しては進展したと思う。が、部屋っていうものはそんなにシンプルではないのである。「捨てようかな?」「いやいやまだ何かに使えるかな?」「また何か使うかな?とっとくかな」となかなか進まないのである。特に本や資料や雑誌など、思い入れがあったりするものは、処分に時間がかかる。じゃあ、とりあえずBOXに入れておこう。ってなっても、そのBOXが増えていくだけで、その最終処分がこれまた進まない。趣味が多かったりすると、道具や材料などこれまた捨てられないのである。こんまりさんの本の内容に深く取り扱ってないカテゴリーの物がどうにもならない状態で部屋にあるから・・・っていうか、部屋であり、寝室であり、アトリエ化している部屋だと、そんなにスッキリ暮らせるわけない。常に片付け続けていなければならない。それでも、この本が捨てられないのは、「部屋が片付かないのは、どこか読み落としがあるからか?」と読み返してみて「う〜ん、見つからないなぁ。ピンとこないなぁ。」という一方で新しい発見も見つかったりする。・・・それでも、まぁ片付かないのである。てなことで、「私の部屋には物が多いのか?」という一つの仮定が出てきて「断捨離の本」へと進む。

人生がときめく片づけの魔法
人生がときめく片づけの魔法 近藤 麻理恵

サンマーク出版 2010-12-27
売り上げランキング : 158

Amazonで詳しく見る by G-Tools

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中