味噌汁から始まるスープの話。

まず、いつもの味噌汁を作ります。ちょっと多目に作ります。具は玉ねぎと何か?です。お麩、ワカメ、豆腐、人参とか・・・

あんまり煮くずれないものがいいかな。ジャガイモは美味しいけど後の展開を考えると、ややNGなのです。

その後の展開とは?

最初の味噌汁から次々と変化します。

①味噌汁から、コチジャン入れてピリ辛韓国風のスープに変化します。汁が少ないときは、お湯を少し足して、具も変化していきます。貝類、アサリとかどうかな?貝から旨みたっぷり出汁が出ますしね。

②ピリ辛韓国風スープから、牛乳を加えてマイルドにしていきます。薄くなれば顆粒コンソメあたりを追加して具は、パスタとかマカロニとかどうかな?貝を入れたら、貝はさっさと食べます。

③で、最後にカレーのルーを、ひとかけ入れます。カレー風味。えっ!これなに?となった頃終了。耐熱容器にご飯を入れたその上にこれをかけて、上にとろけるチーズで蓋をします。もしかして、ドリア?

味は次々変化していきます。味噌汁を多目に作って残ったものに何かを足していくというだけ。でも、スタートは味噌汁からです。

これは、私が一人暮らしをしていた時考えたメドレーメニューです。

当初はこのネタでいこう、と思っていました。

写真でも数枚付ければ、いいよね。と、・・・・だがしかし、

 

いや、違うなぁ。

味噌汁の具という題なのだ、ここは、もう少し考えてみたいと思いました。

まず、味噌汁を作る時、「離れたの土地の味噌二種類を使うと美味しくなる」とか、「やはり生まれ育った土地の味噌が一番合う」などあります。

また、土地によって出汁の取り方が違います。九州だとアゴ(トビウオ)北海道だと、日高や利尻と有名な昆布があります。懐石料理や精進料理になると干瓢や大豆を使ったり、家庭料理では粉だしや「ほ○だし」などお手軽に使える化学調味料もあります。

具に関しては、その土地の季節の旬が、やはり一番美味しいです。

体の為にできるだけ沢山の種類の具を入れたり、1〜2種類しか入れなかったり家庭によってそれぞれですよね。

私は味噌は自家製で、手前味噌です。出汁は昆布と煮干しでとることが多いです。

 

で、肝心な具!

今、マイブームは「おつゆせんべい」なのです。「東北を応援しよう!」とかのイベントで、見つけたこの一品。南部せんべいに似てて、ピーナッツは入ってない。味も付いてない。せんべいに「八戸名物」と書いてあるので「ほーっ!いいんじゃない?」と衝動買いしました。

「おつゆせんべい」を味噌汁に入れて食べているんです。

私は出来上がる直前に、パリパリ適当に折って1〜2枚入れます。ちょっと固めな感じが、具でもありせんべいも楽しめて、朝から楽しい。今ならアスパラ菜、春先ならカキ菜、甘みが感じられる葉物を合わせてみてもいいと思います。

この味噌汁の具で幸せを感じながら、大変な思いをしながら、頑張っている東北の方の幸せを願い、自分も頑張るぞ!と気合を入れて仕事に行く、私にとってのエナジーフードです。

でもって、「おつゆせんべい」は、鍋はもちろんのことスープにも入れます。クルトンより食べごたえがあって美味しい。そんな「味噌汁から始まるスープの話」でした。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

1450615954753

 

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

味噌汁から始まるスープの話。 への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 今晩の「味噌汁の具」の参考になりすぎる!「味噌汁の具 Advent Calendar 2015 」まとめ! | たらハコ

  2. ピンバック: 今晩の「味噌汁の具」の参考になりすぎる!「味噌汁の具 Advent Calendar 2015 」まとめ! – たらハコ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中